お客さま本位の業務運営に関する基本方針について

愛知県医師信用組合は、業域組合としての医師のニーズに応えるべく医師のライフサイクルに応じた商品・サービスを提供し続けるため、以下の通り「お客さま本位の業務運営に関する基本方針」を策定いたしました。
この方針を全役職員で共有・実践し、これまでの活動を通じて築かれたお客さまとの信頼関係を更に高めてまいります。

1.お客さまの最善の利益の追求

「何がお客さまのためになるのか」、「お客さまがどのようなことを求めているのか」を第一に考えた業務運営(商品・サービスの提供)を図ってまいります。

2.利益相反の適切な管理

既に公表している「利益相反管理方針」に基づく利益相反に係る正確な把握、適切な管理を踏まえ、お客さまのニーズにあった商品・サービスを提供いたします。

3.手数料等の明確化

お客さまが負担する手数料・その他の費用について、明確で分かりやすく丁寧に説明いたします。

4.重要な情報の分かりやすい提供

商品・サービスを提供する際には、当該商品・サービスの説明に加え、取引の条件やリスク等、重要な情報を分かりやすく説明し、お客さまにとって必要な情報を適切な方法で提供いたします。

5.お客さまにふさわしいサービスの提供

お客さまの取引目的やニーズの把握に努め、お客さまにふさわしい商品・サービスを提供いたします。

6.職員に対する適切な動機づけの枠組み等

お客さま本位の業務運営を促進するため、職員の研修や勉強会、各種資格取得の推奨等を通じて専門的な知識を有する人材の育成に努め、職員に対する動機付けやガバナンス態勢を整備します。

ページの先頭へ